お坊さんになった毒蛇(兵庫県赤穂郡上郡町)

【はじめに】

千年以上前、播磨の国の赤穂郡に、野磨駅(やまのうまや)という宿所がありました。
現在では、兵庫県赤穂郡上郡町落地にあたります。

駅(うまや)は、貴族や役人などが、宿泊や休憩のため使用していた施設です。

主要街道沿い16kmごとに設置されていましたが、とりわけ重要であった山陽道には、8kmごとに設置されていました。

現在、場所が確定されているところは、ここ「野磨駅」と、一つ東の、たつの市揖西町小犬丸にあった「布施駅(ふせのうまや)」だけのようです。

さて、「お坊さんになった毒蛇」のお話は、今から千年近く昔の本、「今昔物語」に書かれています。

そして、ここの地名は、「落地(おろち)」です。「おろち」は、大蛇を指す言葉ですね。そう、千年前の物語が、地名になって残っているのかもしれません。

それでは、始めましょう。

【僧になった毒蛇のお話】

昔々のこと、金峯山(きんぷせん)に、転乗(てんじょう)という僧がいました。

転乗は、気が荒く、いつも怒ってばかりいました。

幼いころから法華経を習い、全8巻のうち6巻までを覚えてしまい、残りの7、8巻を覚えようとするのですが、どうしても覚えることができませんでした。

そこで転乗は、蔵王菩薩のお堂にこもり、お経を覚えられるようお祈りしました。

ある夜、夢枕に菩薩が現れ、こう言いました。

お前の前世は、長く、大きな、6メートルを超える「毒蛇」である。

野磨駅(やまのうまや)に住んでいたのだが、ある日、聖人がそこに泊まった。

天井にいたお前は、飢えていたので、この聖人を食ってしまおうと考えた。

しかし、それに気づいた聖人は、手を浄め、口をすすぎ、法華経の読経を始めた。

お前は、気持ちが落ち着いてきて、そして、一心に聞き入ってしまった。

6巻まで読んだとき夜が明けてしまったので、聖人は、出発してしまった。

お前は、人を食べなかったこと、そして、法華経の功徳を得て、人に生まれ変わり僧侶になった。

しかし、7巻からは聞いていないので、今も覚えられずにいる。

また、お前が気が荒く怒ってばかりいるのは、前世が毒蛇だったからだ。

これからひたすら精進し、法華経を読みなさい。

そうすれば、願いは全部かない、来世では、生死の苦しみから離れられることができるようになる。

その後転乗は、ますます仏さまを深く信心し、法華経を読みました。

そして、嘉祥2年(849年)に亡くなられたと伝えられています。

おしまい。

野磨駅(やまのうまや)跡

落地飯坂(おろちいいざか)遺跡 兵庫県赤穂郡上郡町

<ずべた編集長>

お仕事探しは、私たちにお任せください。

「試食販売(マネキン)」「介護」の仕事

あい・プランニング株式会社

派遣業、職業紹介業厚生労働大臣許可
・一般労働者派遣事業 許可番号 般28-300316
・有料職業紹介事業  許可番号 28-ユ-300137

tel 0791-56-8020

お問い合わせ、ご登録は、お気軽に ⇒ お問い合わせページ