3月18日は「点字ブロック」の日

1967年3月18日「点字ブロック」が世界で初めて岡山に設置されました。

今では、街の風景に溶け込んだ黄色いパネル。

「点字ブロック」について調べてみました。

 

「点字ブロック」の歴史


はじめて設置された場所は岡山県立岡山盲学校近く、生徒が登下校の際利用していた横断歩道です。

岡山市で自営業を営み、また、発明家として活躍しておられた故三宅精一氏が考案されました。
きっかけは、白杖を持った方の横を車が勢いよく走り抜けたところに遭遇、目が不自由な方が安全に歩行できるようにと考えたことから。
視覚障がい者の友人の協力も得て、足裏の感触で安全で快適に移動できるように突起があるブロックを考えついたのです。

初めての設置、そして岡山県内、京都、大阪と点字ブロックを贈呈し続け、普及活動に努めましたが、普及活動は平たんではありませんでした。
考案から6年を経た1970年3月、旧国鉄阪和線「我孫子駅」にプラットフォーム初の点字ブロックが敷設されます。
そして、東京都が採用、全国への広がりにつながりました。

しかし、急速な普及により様々な種類のブロックが製造、敷設され、視覚障がい者が混乱するという事態も生じ、2001年日本工業規格(JIS)T9251「高齢者・障害者配慮設計指針-視覚障害者誘導用ブロック等の突起の形状・寸法及びその配列」が規定され、規格が統一されています。

 

「点字ブロック」の種類


点字ブロックには、「誘導ブロック」と「警告ブロック」があります。
「誘導ブロック」は進行方向を示すもので、視覚障がい者が足裏、あるいは白杖で確認しながら突起の方向に進むことができるように設置します。

 

「危険ブロック」は、危険個所や誘導対象施設等の位置を示すもので、注意すべき位置を示します。

 

そのほか、「内方線付き点状ブロック」が、駅のプラットフォームへの敷設が進められています。
「内方線付き点状ブロック」は、「危険ブロック」の一部を線状に変えたもので、ホーム側を一本の線、線路側を点状にしたブロックです。

視覚障がい者の3人に2人は経験しているとされるホームの転落防止事故を防止することが期待されます。

 

さらに、「エスコートゾーン」という横断歩道の中央に敷かれ、横断を誘導するブロックの設置も進みつつあります。

 

「点字ブロック発祥の地」碑

はじめて「点字ブロック」が敷設された地には、現在「点字ブロック発祥の地」という石碑が設置されています。

そこには、次の文が刻まれています。

暗礁を恐れぬ 希望の眼となれ
ここから世界へ ここから未来へ

多くの苦難の後、街の風景に溶け込んだ「点字ブロック」、今や150か国以上にも採用されているともいわれるます。

しかし、「点字ブロック」への駐車や駐輪など、まだまだ見かけることが少なくなく、これらは視覚障がい者の方々にとっては、ぶつかったり、転倒したりと「凶器」に他なりません。

障害物のない一筋の黄色いラインは、思いのほか美しいものです。

そして、この黄色いラインを頼りに歩いている人たちがいるのです。

少しでも多くの視覚障がい者の方々が安全で快適に移動できるよう「点字ブロック」を世界へ、そして未来へ、私たちの大切な役割だと思います。

 

(参考にさせていただいたサイト)

社会福祉法人日本盲人連合会

一般財団法人安全交通試験研究センター