神武天皇の足跡 亀石(かめいわ)神社

2019年3月19日

神武天皇は東征の際、大亀に乗った珍彦(宇豆毘古命、うづひこのみこと)が航路の先導をしたようです。

その際の大亀の化身とされる亀石を祀っているのがこの神社。

神武天皇は、今から2700年近く前に即位されたとされる初代の天皇。

日本の国(大八島)を産み落としたイザナキとイザナミ。

その後、スサノオ、ツクヨミ、アマテラスが生まれ、その子オシホミミ、またその子、ニニギが天孫降臨を果たします。

ニニギの子ホオリ、そしてその子ウガヤフキアエズ、そして、その子カムヤマトイワレヒコ(神武天皇)が誕生するのです。

東征の際、岡山に8年逗留したといわれている神武天皇。

この亀石に乗って海を眺めたかもしれませんね。

訪問記はこちら

⇒ http://iplan21.com/zuveta/2018/07/01/kameiwa/

こちらを参考にさせていただきました。

神武天皇が乗った亀は神武東征伝説の証拠か「亀石神社」【岡山】

<ずべた編集長>

お仕事探しは、私たちにお任せください。

「試食販売(マネキン)」「介護」の仕事

あい・プランニング株式会社

派遣業、職業紹介業厚生労働大臣許可
・一般労働者派遣事業 許可番号 般28-300316
・有料職業紹介事業  許可番号 28-ユ-300137

tel 0791-56-8020

お問い合わせ、ご登録は、お気軽に ⇒ お問い合わせページ