「笠松競馬」就職内定者に公開説教?

「笠松競馬場」に4月から勤める就職内定者がツイートした「運良く引っ掛かって内定された」とのツイートに、笠松競馬場の公式ツイッターから「その表現は、いかがなものか」と返信。

あたかも「笠松競馬場」が就職内定者に対し公開説教したようになり話題になっていました。

始まりは内定者は「来月から笠松競馬場の職員になる。運よく引っかかったので、色々とチャレンジしたい」といった内容のツイート。

このツイートに対し笠岡競馬場の公式ツイッターから、「業務上のことについてのSNSの使用手順が不十分である」「研修の際のSNSに関するリスクの説明を聞いていたのか」とのお叱りツイートがありました。
また、期待して採用したのであって引っ掛けたのではない」との返信もされます。

さらに「半年の仮採用は下手なことができない」「その後ははっちゃけたい」との内定者のツイートに対し公式ツイッターは、「すでに下手なことをしている」と指摘します。
これらの問題について「4月1日に面接を行う」とも返信しました。

このツイッター上のやり取りは多くの人たちの目にとまり、大きな関心を呼びました。

内定者に対しては、「勤務先名を出すべきではない」「自分の立場が理解できていない」「守秘義務違反」「常識がない」といった声が寄せられ、「内定取り消し希望」という過激なものまでありました。
公営ギャンブルであることから「公正を保つために慎重にすべき」といった声も上がっていました。

笠松競馬場公式ツイッターに対しては、「言っている内容は妥当でも、公開でやるべきではない」という声が多くあり、また、「公開説教はパワハラ」といった声も多く寄せられていました。

もちろん笠松競馬場公式ツイッターを擁護する声も少なくなく、「何も間違っていない」「全面的に正しい」といった声がありました。

賛否入り乱れているというところでしょうか。

これらを受け笠松競馬場は、内定者は「公務員としての自覚や認識が足りていない」としましたが、「ツイートではなく本人に伝えるべきだった」と述べているようです。
また、SNS使用に関するガイドライン作成を検討するとも言っているようです。

かつて、人知れず行われていたやり取りが、まさに白日の下にさらされています。

先ごろコンビニエンスストアや飲食店で「不適切動画」が問題になりました。
労働者が一方的に起こした攻撃的で不適切な行為は、「バイトテロ」とまで呼ばれています。

今回は、労働者(内定者)も会社(公式ツイッター)もどちらもが公開の場に出てきています。

さらに当事者の2人、明るく前向きな内定者と冷静で理詰めの公式ツイッターと、それぞれのキャラクターが際立っています。

内定者の過去のツイートには、競馬に、そして馬への愛着が強く感じられるツイートが数多く残されています。

大好きな競馬に、馬にかかわる仕事に就ける喜びがあふれ出てしまったんでしょうね。

そして公式ツイッターの方は、内定者がSNSで自分の職場や仕事を取り上げるリスクを熱心に説いていて、内定者を陥れ(おとしいれ)ようといったところはみじんもありません。

SNS上ではありましたが、内定者とコミュニケーションをとろうとしているとも感じられます。

労働者側からの一方的な不適切動画とは大きく異なっていると思いますね。

ただ、内定者も公式ツイッターも広く世間に知らしめ、消すことのできないというSNS最大のリスクの中でやり取りしてしまったわけです。

正しいから良いということにはなりません。

さらに、業務外の時間や場所で発進したことでも、会社名や仕事の内容が含まれた場合、それは個人の発信にとどまらず会社や組織が絡んでしまうのです。

自分が正しいと思っても不快に思う人がいるかもしれません。
会社や組織から見たら問題だということも少なくありません。

個人の私的な発信であっても、仕事や会社を話題にしたときには、会社が弁明し、組織が謝罪するということも当然あります。

仕事がかかわるSNSはより慎重に扱わなければならないのです。

とはいえ、たくさんの人の目に触れ、数知れない人たちが意見をし、良くも悪くも多くの人たちの心を動かしたことは間違いないでしょう。

このツイートなどを目にした人たちは、「笠松競馬場」という名前を興味をもって記憶にとどめたのではないかと思います。これってすごい宣伝効果ですよね。

願わくばこの2人、本当は打ち合わせをしたうえでこんなやり取りをしているのではないか、そうだったら素敵なんだけれどなあって思ってしまいました。

仕事とSNS、どう付き合うか。これからも心にとめておきたい出来事でした。

笠松競馬場

岐阜県羽島郡笠松町にある地方競馬場。

主催者は岐阜県地方競馬組合で、岐阜県、笠松町、岐南町が共同で運営する特別地方公共団体。

よって、職員は公務員である。

ホームページによれば、平成30年7月2日(月)~7月31日(火)まで事務職員若干名の募集が行われていました。

受験資格は、大学、短大、高校卒業程度の3種で、実際は新卒が対象ではないでしょうか。

さらに日本国籍を有することが条件となっています。

さらに、教養試験、事務適性検査の一次試験の後、合格者のみ作文試験、面接試験へ進むことができます。

きっと狭き門だったのでしょうね。

1990年の引退レースの有馬記念でまさかの勝利に輝き、17万人の地鳴りのような「オグリ」コール!

社会現象ともなった競走馬「オグリキャップ」は「笠松競馬場」から中央競馬へ移籍した競走馬です。