頭島ランチ 頭島レストラン(kashirajima restaurant cucina terada)行ってみた

私たち「あい・プランニング株式会社」女子4名、「頭島レストラン (kashirajima restaurant cucina terada)」にお邪魔しました。

頭島は、日生港の南4kmに位置する日生諸島に所属する周囲4kmの小さな島。

現在、日生諸島最多の360名強の住民が生活しておられます。

かつて、交通手段は「船」だったのですが、現在は、本土~鹿久居島間を「備前(ハート)日生大橋」、鹿久居島~頭島間を「頭島大橋」で結ばれ、自動車で訪問することが可能になりました。

まず、「備前(ハート)日生大橋」で鹿久居島へ。

「頭島大橋」で「頭島」へ。

海を渡る2つの大橋の下には、たくさんの牡蠣筏が浮かんでいます。

静かで、穏やかな風景。柔らかな風・・・。

頭島に上陸し、島内を回る主要道をたどると港へ。

静かにたたずむ漁船たちは、ここが「島」であることを感じさせてくれます。

駐車区画の一つが「kashirajima restaurant cucina terada」の駐車スペース。

簡素で、でもオシャレな駐車板。期待が高まります。

案内に導かれて・・・。

振り返れば、「島」ですね。

そし狭い路地の坂を少し上ると、すぐに・・・。

「kashirajima restaurant cucina terada」

かつては、郵便局として島の人たちの生活を支えてきた建物。

石垣と粘土瓦、そして懐古的な淡い緑の建物。

金色のネームプレート、しっとりとした木のドアにしばし見惚れて、というか気おされてというか・・・。

意を決してドアを開くと、目に飛び込んできたのは、テーブルと食器。

それ以外何もないとでもいうか・・・。

小さな窓からわずかばかりの自然光。

入口の三和土(たたき)は、備前焼のタイル。

厨房は、シェフとアシスタントの方がお一人。

しっとりとした音楽に包まれて・・・。

椅子に座って、食器を呆然と眺めていると・・・。

見たこともないような足の長いグラス。

小さな声で「かんぱーい」。

ジンジャエールが美味しいということを、今日知りました。

で、パン。

すみません、おいしすぎて3回お替りしてしまいました。

失礼だったでしょうか・・・( ;∀;)

ヒラメの・・・、たぶんヒラメ、いやヒラメ。

私が今まで食べたお魚で、まず間違いなく一番おいしかったお魚。

幻のように、おなかの中に消えてしまいました。

そして、牡蠣のリゾット。

「頭島」の海が溶け込んだかのような・・・、陳腐で、乏しい語彙が悲しい。

デザートは、スープとミカン。

シェフから、お料理について優しく教えていただいたのですが、途中から、記憶があいまいになるほどおいしくって・・・。

お優しいシェフに、記念撮影までお願いしてしまいました。

いつもは、殺風景(^^;)な仕事場で顔を合わせている4人ですが、夢の世界で同じ時間を過ごすことができました。

 

<ずべた編集長>

 

 

 

 

 

「頭島レストラン(kashirajima restaurant cucina terada)」の紹介記事はこちら ⇒ http://iplan21.com/annex/2017/03/16/kashirajima/

 

 

お仕事探しは、私たちにお任せください。

「試食販売(マネキン)」「介護」の仕事

あい・プランニング株式会社

派遣業、職業紹介業厚生労働大臣許可
・一般労働者派遣事業 許可番号 般28-300316
・有料職業紹介事業  許可番号 28-ユ-300137

tel 0791-56-8020

お問い合わせ、ご登録は、お気軽に ⇒ お問い合わせページ

 

 

 

701-3204

岡山県 備前市 日生町 日生 2766-3

tel 0869-92-4257

「頭島レストラン(kashirajima restaurant cucina terada)」ホームページはこちら

⇒ https://www.okayamaterada.com/